スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学受験 偏差値

断食芸人―カフカ・コレクション (白水uブックス)
フランツ カフカ
白水社 刊
発売日 2006-08



わたくし以前の世界とはなに 2007-01-24
収録された29の短編のうち、「皇帝の使者」と「掟の門前」が特によかった。



自己の外にひろがる巨大で不可知の世界。また、その世界が主人公にあたえる脅威。

カフカ作品に、往々にしてみられるテーマである。



巨大な世界を駆けてくる「皇帝の使者」が期する「おまえ」との邂逅。

はたして「使者」は進んでいるのか、いないのか。

確かなのは、巨大な世界の頂点に君臨する「皇帝」は、なぜか、その世界の一点でしかない「おまえ」を選んだということである。



「掟の門前」で相対する「男」と門番。「男」は門を抜けたいが、この門をくぐっても、まだまだ門は続くという。めまいを覚えるような巨大で不可解な世界。ラストで、世界と「男」との特殊な関係が判明する。



とてつもなく巨きくまた不明な世界。そのなかの小さな点でしかない自己。しかし、その世界の意味は、逆ヒエラルキーのように自己と密接に関わっている。

今日学校で先生に進路の相談をして、中央大学英文学科に行きたいていったら無理だ...
今日学校で先生に進路の相談をして、中央大学英文学科に行きたいていったら無理だあきらめろていわれました。ショックで早退してました。7月に行われた代々木の模試で英50、世界史47、国40です。先生を見返したいんで、勉強法をおしえてください。高校3年です。お礼はコイン500枚差し上げます。(続きを読む)



大学受験 偏差値 ランキング
偏差値の高い難関大学に人気が集中する傾向のあるせいで、受験さえすれば誰でも合格できると言われる大学が、“Fランク大学”などと言われて揶揄されたりするそうです。 大学側の大きな課題として、今後の大学受験においては、それぞれの大学が真の意味で ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。