FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立教大学 偏差値

断食芸人―カフカ・コレクション (白水uブックス)
フランツ カフカ
白水社 刊
発売日 2006-08



わたくし以前の世界とはなに 2007-01-24
収録された29の短編のうち、「皇帝の使者」と「掟の門前」が特によかった。



自己の外にひろがる巨大で不可知の世界。また、その世界が主人公にあたえる脅威。

カフカ作品に、往々にしてみられるテーマである。



巨大な世界を駆けてくる「皇帝の使者」が期する「おまえ」との邂逅。

はたして「使者」は進んでいるのか、いないのか。

確かなのは、巨大な世界の頂点に君臨する「皇帝」は、なぜか、その世界の一点でしかない「おまえ」を選んだということである。



「掟の門前」で相対する「男」と門番。「男」は門を抜けたいが、この門をくぐっても、まだまだ門は続くという。めまいを覚えるような巨大で不可解な世界。ラストで、世界と「男」との特殊な関係が判明する。



とてつもなく巨きくまた不明な世界。そのなかの小さな点でしかない自己。しかし、その世界の意味は、逆ヒエラルキーのように自己と密接に関わっている。

私は高校三年生です。昨年指定校であるFランクの偏差値43の大学に進学すること...
私は高校三年生です。昨年指定校であるFランクの偏差値43の大学に進学することになりました。進路が決定したのはいいのですが、最近ずっと他のいい大学に行く人との差をかんじてます。私の学校はほぼ全員が推薦やAOで進路が決まり、10月から11月までの期間は、80%といっていいほどみんな合格がきまります。京都産業大を受けようと考えていて、まわりが受かっていくのをみつつ、クラスの雰囲気が悪くなるのも耐えて努力していましたが、11月頃に耐え切れなくなりにげだしてしまいました。そして偏差値43の大学に行くことにしました。私は良い大学と感じそこを選んだのですが、他の人とやはり比べてしまったり、名前が知られてないなど毎日考えるとすごく後悔しています。こんなに後悔したのは人生で初めてです。自分が逃げたのがわるいとわかっているので誰のせいにもすることはできません。もちろん、すべて自分の責任でここにいるのはわかっています。最近、編入学を考えるようになりました。二年間で単位50を修得しつつ、法政か立教大学<経済学部>への編入のための勉強をして編入することがはたして、可能なのでしょうか?あどばいすよろしくお願いします!(続きを読む)



立命館大学 在学生
立命館大学 偏差値 黒い腎臓総合ランキング 1位「脳内メーカー」 2位バイオハザード 4位立命館大学 中央大学 同志社大学 関西大学スポーツ人気大阪 これから駅員に救助され動画 ガンダム 体内メーカー JR北海道 ウィルコムそこそこ http://origamio ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。