スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成蹊大学 偏差値

芸人偏差値情報は
こちらは

断食芸人―カフカ・コレクション (白水uブックス)
フランツ カフカ
白水社 刊
発売日 2006-08



わたくし以前の世界とはなに 2007-01-24
収録された29の短編のうち、「皇帝の使者」と「掟の門前」が特によかった。



自己の外にひろがる巨大で不可知の世界。また、その世界が主人公にあたえる脅威。

カフカ作品に、往々にしてみられるテーマである。



巨大な世界を駆けてくる「皇帝の使者」が期する「おまえ」との邂逅。

はたして「使者」は進んでいるのか、いないのか。

確かなのは、巨大な世界の頂点に君臨する「皇帝」は、なぜか、その世界の一点でしかない「おまえ」を選んだということである。



「掟の門前」で相対する「男」と門番。「男」は門を抜けたいが、この門をくぐっても、まだまだ門は続くという。めまいを覚えるような巨大で不可解な世界。ラストで、世界と「男」との特殊な関係が判明する。



とてつもなく巨きくまた不明な世界。そのなかの小さな点でしかない自己。しかし、その世界の意味は、逆ヒエラルキーのように自己と密接に関わっている。

成蹊大学は偏差値はどのくらいですかね。むずかしい部類に入りますか

成蹊大学は偏差値はどのくらいですかね。むずかしい部類に入りますか(続きを読む)



いろいろと考えたんですが、やっぱもう少しだけここで続けてみること ...

そのときの偏差値は国語45、英語40、政経52くらいそのときの目標校は成蹊大学 高校時代の友達と飲み会ばっかやってた記憶があるそういやサマーランドで豪遊したよなあ行ったの9月だったのに日焼けしまくりで帰ってきたあと3日間はカバンを背負うのに ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。